合併&買収(M&A)

iDealsバーチャルデータルームは、M&Aの取引中にドキュメントを管理するための最善の業界標準です。

合併&買収(M&A) 合併&買収(M&A)

なぜM&A取引メーカーにはバーチャルデータルームが必要か?

成功する取引には優れた戦略、包括的なデューデリジェンス、十分に発達した統合計画が必要であることをディールメーカーは認識しています。合併・買収(M&A)では、売買側の当事者は、デュー・ディリジェンス・プロセスを終了し、目標決算日を満たすために、機密文書への便利なアクセスが必要です。M&A取引の各段階でのバーチャルデータルームの利点は次のとおりです。

合併&買収(M&A)

探索可能/プレマーケティング段階

M&Aが計画される前に、売り手はバーチャルデータルームを準備し、事前マーケティング資料をアップロードして、デューディリジェンスを促進するために潜在的な投資家に短時間で通知することができます。

合併&買収(M&A)

デューデリジェンスの段階

履歴情報、コンプライアンス文書、およびその他の重要な記録が、データルームのユーザーに配布されます。このプロセスでは、見込みのあるバイヤーがドキュメントに関する質問をしたり、追加のリクエストをしたりすることがあります。デューデリジェンスが完了すると、取引は終了し、バーチャルデータルームの内容がアーカイブされます。

合併&買収(M&A)

合併後の統合段階

バーチャルデータルームは、合併された企業が財務、法務、ITおよびその他の部門を統合するのに役立ちます。新会社が成長を続ける中、バーチャルデータルームは企業文書のリポジトリとして機能し、役員間のコミュニケーションを支援します。

バーチャルデータルームの利点
合併&買収(M&A)

M&Aのタイムラインおよび経費の削減

現在、バーチャルデータルーム(VDR)は、安全なドキュメント共有の業界標準となっています。物理的なデータルームと比較して、VDRは移動時間や経費を節約し、ドキュメントへのアクセスを容易にし、アクセス管理にかかる費用を抑えます。さらに重要なことに、バーチャルデータルームにより、短期間に複数の取引を同時に行うことが可能になります。

安全かつ管理された取引環境

ベンダーによっては、ファイル共有サービスを「バーチャルデータルーム」と誤って名付けるところもあります。実際、これらの2つの製品は一見すると非常に似ているようです。ただし、セキュリティレベルとバーチャル環境を制御する可能性の両方で、異なる重要な側面がいくつかあります。

  • FTPやファイルの同期やアプリケーションの共有とは異なり、バーチャルデータルームに実装されているセキュリティ基準が高いほど、複数の関係者間でファイルを安全に転送できます。
  • VDRはまた、第2ラウンドのデューデリジェンスの前に特定のドキュメントを印刷、ダウンロード、または閲覧するなどの機能へのアクセスを制限の可能性も紹介しています。
合併&買収(M&A) 合併&買収(M&A)

設定のしやすさおよび使いやすさ

通常、デューデリジェンスに先立ち、準備作業の徹底的なプロセスがあります。それにもかかわらず、現代のビジネス界では、予測していないときに取引が発生することがよくあります。このような頑丈で強烈な環境において、ほとんどのディーラーがバーチャルデータルームの使用に信頼を置くことは驚きではありません。ほとんどの場合、バーチャルデータルームは30分以内に開くことができ、そのほとんどは多言語アクセス、モバイルユーザーインターフェイス、その他多くの便利なオプションが含まれます。

法令遵守

バーチャルデータルームを使用することで、上場企業会計改革および投資家保護法などの法的要件への準拠プロセスがよりシンプルになります。多くの場合、主な関心事は、法律で要求されるすべてのドキュメントを提供する義務があるかどうかにかかわらず、VDRプロバイダーには通常、M&A取引のドキュメント作成段階で売りてに役立つ法令遵守のデューディリジェンスインデックスのテンプレートが用意されています。書類が準備されてVDRにアップロードされると、それらは将来のバイヤー全員にアクセス可能となり、ドキュメントによるすべての行為はシステムによって追跡されます。取引終了後、売り手側と買い手側の両方に、詳細な活動の監査証跡レポートが添付されたDVDまたはフラッシュドライブのアーカイブを提供することができます。これは合法的な紛争が起こった場合の証拠として使用できます。

M&Aバーチャルデータルームを構築する
合併&買収(M&A) 合併&買収(M&A)

デューデリジェンスドキュメントのアップロード

  • 右クリック機能と使い慣れたドラッグアンドドロップ処理機能により、フォルダとファイルをデューデリジェンスインデックスに素早く追加、削除、移動することができます。
  • 複数のファイルやフォルダ全体をVDRにドラッグ&ドロップすることで、簡単かつ迅速にアップロードできます。
  • iDeals Syncによるアップロードプロセスの高速化により、ローカルおよびネットワークドライブ上のファイルをクラウドストレージに直接同期できます。
  • Microsoft Word、ExcelおよびPowerPointファイルは、アップロード処理中に安全なPDF形式に自動的に変換されます。これは、ドキュメント作成の問題の解消に役立ちます。
合併&買収(M&A) 合併&買収(M&A)

データルームインデックスの整理

必要な情報がすべてアップロードされると、取引文書が整理され、名前が付けられ、バイヤーは簡単に検索することができます。

  • フォルダ構造およびファイルは、アクセス可能になる前に簡単に整理でき、関心を持っているバイヤーに「アクティブ」に見せることができます。
  • 自動インデックス番号付けにより、ファイルやフォルダを手動で再編成したり名前を変更したりする必要がありません。ファイルが再編成されると、追加または削除されたドキュメントインデックスが自動的に再構築されます。
  • 右クリックで簡単にファイルやフォルダの名前を変更することができ、「名前の変更」を選ぶことで時間の節約になります。
  • フォルダやファイルにメモを追加して、購入予定者(入札者)に追加の指示を提供します。
  • 変更したファイルやフォルダを右クリックすることで、すべてのユーザに簡単に通知することができます。
合併&買収(M&A) 合併&買収(M&A)

入札者のアクセスを管理

取引を通じて、ユーザーは継続的に追加され、ユーザーのアクセスは絶えず変更できます。参加者を招待し、アクセス許可をすばやく割り当てることで、入札者は早急にデューデリジェンスを開始し、完了することができます。

  • Excelからユーザーリストをインポートするか、 .csvファイルをデータルームに直接インポートすることで、入札チーム全体をVDRで数分間で稼働させることができます。
  • シンプルなウィザードのようなツールの使用により、参加者を簡単かつ迅速に追加および削除し、ドキュメントへのアクセス権を適用できます。
  • 入札者をより迅速に設定:ユーザーをグループに編成し、フォルダまたはファイルの種類に基づいて権限を割り当てます。
  • 潜在的なリークを防ぎ適切なアクセス権を適切な人に割り当てます。iDealsのバーチャルデータルームは、管理者が情報を閲覧、ダウンロード、印刷を許可するユーザーを制御する機能があります。
合併&買収(M&A)

適切な意思決定を素早く

デューデリジェンスプロセスが不十分、または遅れると、取引を行う際にリスクの原因となる可能性があります。iDealsバーチャルデータルームにより、ディールメーカーと企業の役員が、現代のM&Aの速いペースにおけるさまざまなシナリオを予測するために、最先端のテクノロジーを活用することができます。iDealsプラットフォームにより、以下が可能になります。

  • M&Aプロセスのタイムラインを大幅に短縮:スムーズな取引プロセスを実現するためには、あらゆるデバイスにおけるドキュメントへの素早い簡単なアクセスが不可欠です。
  • ファイル配布の問題を解決する:レポートツールを使用して、情報へのアクセス権を持つユーザーや、データルームに最も積極的にアクセスしているユーザーを確認します。
  • 市場および運用上のリスク削減:データルームの完全な監査追跡は、訴訟が起こった場合に役立ちます。
  • 合理化されたQ&Aを利用して入札者のリクエストにすばやく効率的に対応し、質問のステータスを監視し、データルームの添付ファイルをメッセージに追加します。
  • 取引プロセスをリアルタイムで監視する:ダッシュボードとレポートツールを使用して、最新の進捗状況の追跡とワークフローの透明性を達成します。
無料トライアルを開始する
30日間の無制限使用とデモ