管理業務向け高度バーチャル データ ルーム 機能

バーチャルデータルームの機能

安全なドキュメント共有とエンタープライズコラボレーション専用に設計された100以上の機能

ドキュメント管理

ドラッグ&ドロップによるファイルアップロード

ワンクリックデータポピュレーションで新しいデータルームを開始。ファイルやフォルダをコンピュータからアップロードウィンドウにドラッグアンドドロップ。必要なプラグインはありません。

一括アップロードで時間を節約

即座にドキュメントをデータルームにアップロードします。アップロードしたファイルのサイズや数に制限はありません。データルームのアップロードが完了するまでほとんど時間がかかりません。

あらゆる形式でファイルをアップロード

25種類以上のファイルをアップロードできます。ダウンロードする前にファイルを準備する必要はありません。ファイルはすべてのインターネットブラウザで見ることができる安全なPDF形式に変換されるため、追加のソフトウェアは必要ありません。

ラベルでファイルの検索をスピードアップ

ラベルは2つの目的を果たします。ドキュメントの分類に役立ち、検索項目として使用できます。複数のラベルを使用すると、プロジェクトのニーズに合った方法でファイルを整理することができます。

WINDOWS EXPLORERと統合

iDeals Syncアプリケーションは、データのアップロードとダウンロードを自動化します。デスクトップ、共有フォルダ、FTP、企業ファイルストレージのコンテンツをデータルームと簡単に同期させることができます。また、データルームをエンタープライズコンテンツ管理システムに接続します。

自動インデックス番号割り

アップロードや移動の際、何千ものドキュメントやフォルダに自動的に番号が付けられます。手動でデータルームインデックスを作成または更新する必要はありません。

フルテキスト検索

キーワードを入力したり、複数の検索フィルタを適用することで、情報をすばやく見つけることができます。オプティカル・キャラクター・リコグニション(OCR)システムにより、データルーム内のどのドキュメントの語句も検索します。

バーチャルデータルームの機能
簡単にファイルとフォルダを管理

ファイルやフォルダのアップロード、削除、マージ、移動、表示、ダウンロード、復元、および名前の変更が簡単にできます。複数のファイルの内容を1つのPDFファイルにマージします。

ドキュメントのセキュリティ

バーチャルデータルームの機能
組み込みの墨消し

ドキュメントのテキスト、画像または領域をすばやく墨消しして機密データを保護し、サードパーティ製ツールの使用時間を節約することができます

リモートシュレッド

ドキュメントを開く際、およびダウンロードする際のドキュメント暗号化により、ファイルへのアクセスを制御します。ドキュメントのアクセス権は、ドキュメントがダウンロードされた後でも取り消すことができます。

ダイナミックウォーターマーク

表示、印刷、またはダウンロードされたドキュメントの上に自動的にウォーターマークの表示を可能にします。ユーザー名、IPアドレス、ドキュメントアクセスの時刻と日付を使用し、ウォーターマークをカスタマイズします。

セキュアフェンスビュー

制限付き表示モードを有効にすることにより、機密データを閲覧できないように保護します。ユーザーはドキュメントの中央部分のみを見ることができ、残りはスライド防止画面で覆われています。

きめ細かいドキュメントの許可

データルーム内の各ドキュメントとフォルダの詳細なアクセスポリシーを指定します。ドキュメントのアクセス許可には次の8つのレベルがあります:フェンスビュー、表示、暗号化PDFのダウンロード、印刷、PDFのダウンロード、オリジナルのダウンロード、およびアップロード。

セキュアスプレッドシートビューア

ユニークなiDealsスプレッドシートビューアの使用により、安全にExcelドキュメントをオンラインで表示および分析ですることがきます。iDealsスプレッドシートビューアは、PDF形式ではなくオリジナルの安全なExcelで、任意のWebブラウザドキュメントをダウンロード、復号化、ウォーターマークの設定、レンダリングを行います。

使いやすさ

プラグインなし、JAVAなし

プラグインなしで保護されたドキュメントを元のフォーマットで表示します。ソフトウェアをインストールしたりダウンロードしたりする必要はありません。Javaは必要ありません。

シングル・サインオン

すべてのプロジェクトにシングルログインとパスワード:すべてのパスワードとプロジェクト名を覚える必要はありません。

携帯ユーザーインターフェース

携帯デバイス向けに最適化された最新のインターフェイスを使用して、バーチャルデータルームの内容を表示します。

複数言語によるアクセス

英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、オランダ語、イタリア語、ポーランド語、ロシア語、トルコ語、ポルトガル語、中国語、日本語、スウェーデン語、韓国語を含む14の言語のいずれかの仮想データルームにアクセスします。

スクロールスルービューア

スクロールスルー機能を使用すると、現在見ているドキュメントから直接フォルダ内の次のドキュメントに移動することができます。これにより、何百ものドキュメントを閲覧する必要があるときに、時間を節約できます。

バーチャルデータルームの機能
IOSとAndroidアプリ

ほぼすべてのデバイスやWindows、Apple iOS、Androidなどのすべてのプラットフォームからデータルームにアクセスできます。

アクセスセキュリティ

アクセス制御と有効期限

パスワードの強度とユーザーセッションの時間に関する詳細なセキュリティポリシーを設定します。ファイルアクセスの有効期限を設定します。

時間とIPアクセスの制限

特定のIPアドレスから、また特定の時間帯のデータルームへのアクセスを制限します。

きめ細かいユーザーの許可

表示に対するユーザーの権限を管理し、PDFのダウンロード、印刷、元のドキュメントをダウンロードを保護し、プロジェクトのユーザーの役割に基づいて編集します。

バーチャルデータルームの機能
ユーザーセキュリティのなりすまし

関係者が必要なドキュメントにのみアクセスできるようにします。あらゆるユーザーの観点からドキュメントのアクセス許可を確認してください。

二要素認証

2段階のユーザー確認では、パスワードとユーザーの携帯電話に送信される1回限りのSMSコードが必要です。

携帯デバイス管理

セキュリティ機能を適用し、ユーザーの携帯デバイス上の安全なドキュメントのアクセシビリティを制御します。

ユーザー管理

バーチャルデータルームの機能
単一または大量のユーザー招待

ユーザーをデータルームに1人ずつ素早く招待したり、数百人のユーザーを一度に招待したりできます。データルームへのユーザーのアクセス、サインインセキュリティオプション、Q&Aセクションへのアクセス、および新しいドキュメントアップロード通知を受信する頻度を設定します。

詳細なユーザー権限を設定する

さまざまなレベルのアクセスをさまざまなユーザーに設定し、容易に追跡可能な監査レコードを有効にし、データ・ルームの整合性を向上させます。

EXCEL 表示権限を設定する

Excelファイルの特別な表示権限の3つの内1つを選択します。数式付きExcel表示オプションを使用すると、Excelドキュメントに数式が表示されます。[式なしのExcel]オプションを使用すると、ユーザーに式を非表示にすることができます。Excelデータ分析オプションを使用すると、アクセス可能なExcelファイルの編集が可能になります。変更は元のファイルには適用されず、許可されたユーザーにのみ表示されます。

簡単なグループ設定

数百のユーザーを、データルーム機能へのさまざまなアクセスレベルでグループに分けて簡単に管理できます。グループ作成のプロセスを簡略化するため、フル管理者、制限付き管理者、コラボレーション・ユーザー、および個々のユーザーなど、あらかじめ定義された4つの役割があります。

通知

アップロードされたドキュメントや削除されたドキュメントに関する電子メールを送信し、ユーザーが通知を受け取る頻度を設定します。

レポート

完全な監査追跡

データルーム内のすべてのアクションを記録する監査証跡にアクセスし、内部コンプライアンスを維持します。PDFやExcelを選択したり、会議やプレゼンテーションで使用するレポートを印刷できます。

ユーザーアクティビティの追跡

検索した内容を含め、すべてのユーザーの行動を調査します。ドキュメントビュー、プリント、およびダウンロードを追跡します。すべての詳細が追跡されます。ユーザーがドキュメントの各ページをどのくらい見ているかを秒刻みで正確に見ることも可能です。

カラーコードされたレポート

データルームにコンテンツの状況を一目で理解できます。カラフルな「ヒートマップ」レポートにより、どのグループが最も活発で、ユーザーが最も関心を持っているデータルームのセクションが表示されます。これにより意思決定に役立ちます。

グループ概要レポート

データルーム内のグループ活動のスナップショットを得ることにより、招待されたユーザーの数、ログインした人の数、許可およびアクセスされたドキュメント数、投稿されたQ&A質問の数を確認します。

バーチャルデータルームの機能

Q&A

バーチャルデータルームの機能
REFINED ANSWER PROCESS

During the answering process, users can submit answers-based comments, add quick references to the files in the data room, and attach documents to comments, improving the quality and accuracy of the responses. Users assigned to answer the questions can communicate privately, and the discussion is segregated only to the relevant members collaborating on their answer side.

AUTO-ASSIGN QUESTIONS TO EXPERTS

According to the question-based category, answers are assigned directly to experts without the need to route them manually. The answers coordinators can easily reassign experts and modify the workflow if and when needed. When the experts receive the questions, the question submitters’ PII is not disclosed, and their responses immediately route back to the answers coordinators.

CENTRALIZE THE COMMUNICATION

Centralize all the communication within the virtual data room. The module offers the same security and reliability that you experience with the VDR. While you can track everything and access insightful reports that ensure compliance, the confidential details of companies and people collaborating are never disclosed unless you need them to be.

IMPORT QUESTIONS AND BULK ACTIONS

Import and export multiple questions in bulk from Excel to and from the virtual data room, saving time and reducing the possibility of mistakes. The bulk process also allows for quick category, priority, and status updates.

FLEXIBLE WORKFLOW

Customize and automate the communication flow according to the deal or project requirements. While you can track all actions and messages, the questions and answers are automatically routed to the right users. The workflow aligns with the different available roles: question drafter, question submitter, answer coordinator, expert, and answer approver.

INTUITIVE INTERFACE

The intuitive layout makes the module setup, new users’ training, and communication workflow faster. The design is made to improve organization, ensure real-time tracking and facilitate access to multiple users.

スピードと可用性

バーチャルデータルームの機能
加速したスピード

地理的に離れた複数のデータセンターにより、データ転送速度を業界最高の200 mBpsまで向上させます。データセンターの近接化により、ファイルのアップロードとダウンロード速度を最大10倍に最適化します。

業界をリードする99.95%稼働時間

インフラストラクチャコンポーネントの設計により、99.95%の稼働時間を保証する高い復元力と安全な環境を実現しました。

メンテナンスウィンドウなし

世界中の何千もの企業が、iDealsバーチャルデータルームを利用してビジネスクリティカルなドキュメントにアクセスしています。このことを前提にして、当社はメンテナンスによるシャットダウンがないよう、データルームサービスを設計しました。

カスタマイズ
バーチャルデータルームの機能
カスタマイズされた外見&雰囲気

御社のブランドを追加し、使い慣れたコラボレーションワークスペースを作成します。ロゴをアップロードし、テーマカラーを調整し、招待メールをカスタマイズします。

ウォーターマークのカスタマイズ

ウォーターマークの表示方法は、表示、ダウンロード、または印刷時に設定できます。ウォーターマークは、ユーザーが選択したパターンや色にカスタマイズできます。

言語設定の適用

データルームの索引を90の言語に自動的に変換できます。

アクセスの定義

独自の利用規約、NDA、機密保持契約を指定します。ユーザーが使用条件を受け入れる頻度を定めます:最初のログイン時のみ、またはログインごとに。

ヘッダーとフッタのカスタマイズ

PDFとして印刷またはダウンロードできるドキュメントにカスタムヘッダーとフッターを表示します。ヘッダーとフッターのコンテンツ、フォントのサイズと色をカスタマイズします。

セキュリティコンプライアンス

バーチャルデータルームの機能 バーチャルデータルームの機能
ISO27001認証

国際標準化機構(ISO)27001:2013は、機密データの保護をベンチマークするために使用される国際的なセキュリティ基準です。認証プロセスには、組織のセキュリティポリシー、人事セキュリティ、物理および環境のセキュリティ、システムとネットワークのセキュリティ、および事業継続管理が含まれています。

SOC2準拠

SOC2報告は、データと情報を保護する適切な制御システムを保証しています。SOC 2認定は、iDealsがセキュリティ、可用性、プライバシー検証のための最良の内部慣行の実施を確認します。

データセンターのセキュリティ

iDealsでは、物理的セキュリティ、バイオメトリック入力認証システム、および複数の監視層を使用する複数のデータセンターが使用されます。

最善のR&Dの慣行

社内のR&Dチームにより、最新の業界ベンチマークよりも一歩先の技術を確保します。当社の取り組みは、金融通信業界において他に類を見ない革新的なものです。ソフトウェア開発の方法とプロセスは、Microsoft Secure Development LifecycleやOWASPなどの最新の国際的な慣行に準拠し、定期的に更新されます。アプリケーションのセキュリティは、高いレベルの信頼性を維持するために、独立した専門家によって定期的に評価されます。